アートコーポレーション岡山の地盤改良は最先端の技術と厳格な施工管理体制のもと、TGパイル工法・AQパイル工法・ハットウイング工法等、柱状改良から鋼管杭迄、最適な工法を提供いたします。


最先端の技術と厳格な施工管理体制のもと、TGパイル工法・AQパイル工法・ハットウイング工法等、柱状改良から鋼管杭迄、最適な工法を提供いたします。

 


杭抜き-ヒロワークKmighty工法

特殊フレキシブルケーシングとオーガ―堀削モーターによる回転力に高圧ウォータージェットを併用させることにより、既存杭と地盤との摩擦を開放し、既存杭を超低振動・超低騒音にて引抜く「全長引抜き工法」です

鋼管杭
[TGパイル工法(大臣認定)]

掘削性の良い先端形状と回転翼の組み合わせによりスムーズな貫入を実現。高止まりの起こりにくい先端形状のため先行掘削は減少。施工スピードの向上及びコスト縮減が可能です。

鋼管杭
[AQパイル工法(大臣認定)]

AQパイルの施工と同時に周辺地盤にモルタル系の「地盤補修液」を添加・攪拌し、一工程で「補修地盤」を築造する特許工法です。


小鋼管杭
[ハットウイング工法(性能証明)]

ハットウィング工法は軸鋼管径と先端翼径の軸径比が最大5倍まで適用可能です。軸径比を大きくすることにより、原地盤の支持力が小さい場合(低N値)でも、必要な支持カを確保することができます。

小鋼管杭
[ジェミニウィング工法]

鋼管の先端部に特殊加工した先端翼を取付け回転貫入し地盤補強材をする、環境・コストにやさしい工法。

柱状改良
[ウルトラコラム工法]

ウルトラコラム工法は、セメント系固化材スラリーを用いる機械攪拌式深層混合処理工法です。独自形状の十字型共回り防止翼を有する掘削ヘッドを採用し、粘性土地盤などで問題となる土の共回り現象による攪拌不良を低減します。