アートコーポレーション岡山の長年の豊富な経験と実績で、都市機能の維持管理に努めてまいります。


弊社の長年の豊富な経験と実績で、管理者のニーズにお応えすべく、種々の調査と最適な工法による迅速かつ効果的な工事を行いながら都市機能の維持管理に努めてまいります。

パルテム工法

既存の上下水道管路を原則、非開削で更新し長寿命化を図れます。

PFL工法

PFL工法は、既設老朽管渠内面に補強材を取り付け、その後、高密度ポリエチレン製のPFLパネルを設置し、既設管とPFLパネルとの隙間に高密度、高流動のモルタルを注入することで老朽管を更生する工法です。

EX/ダンビー工法

管渠の機能を回復するために開発されたEX工法とダンビー工法。EX工法はφ100~600mm、ダンビー工法はφ800~3000mmまでの管渠、そして鉄筋コンクリート管や鋼管など幅広い管種に対応します。


グロー工法

グロー工法とは本管(小・中口径)取付管の既設流路施設にグローライニング材を使用した新しい更生管を形成し、新設下水道施設と同等、もしくはそれ以上の強度・防食性・流下能力を既設流路施設に付与する非開削更生技術です。

3SICP工法

3SICP工法は老朽化した管渠の内部をライニングし、耐久性および強度を向上させることにより管渠を再生させる更正技術です。

光硬化工法

メインライナー(本管)、ラテラルライナー(取付管)、ユナイトライナー(接続部)によって本管から取付管まで下水道の一体化更生が可能。紫外線照射によって確実に硬化し、シームレスな更生管路がスピーディに完成します。